Q&A

医事課 K.Tさん
鹿児島国際大学/ 2017年新卒入職

米盛病院へ入職を決めたきっかけを教えてください。

大学で地域経済を専攻し、地域に貢献できる仕事がしたいと思っていました。
当院は民間医療用ヘリの運行や災害拠点病院として地域に根ざした医療を提供しています。また、鹿児島県で唯一「外国人患者受入れ医療機関認証制度」の認証を受けているため、貴重な経験ができると思い入職を決めました。

後輩のために行った取り組みについて教えてください。

後輩が理解しやすいように、難しい業務についてのマニュアルを作成しました。
他には、自発的な行動を身につけてもらうことを心がけました。模範となるべく、率先して多くのことに取り組んだため自身の成長にも繋がりました。

医療知識がない状態で入職することに不安はありませんでしたか。

不安でしたが、入職時に明確な育成プランが提示され、新入職員には必ず1人指導員が付く体制が構築されていました。知識や経験がゼロの状態でも安心して業務を習得することができ、スキルアップすることもできました。

人事課 副主任 Y.Yさん
鹿児島純心女子短期大学/ 2016年中途入職

人事課を希望した理由を教えてください。

以前の職場でも人事の仕事に携わっていたことや業務の中でスタッフのライフイベントに立ち会えるという魅力があるため人事課を希望しました。

緑泉会の魅力を教えてください。

患者様やスタッフのためにより良い環境にするにはどうすればいいか、前向きな意見を出し合う雰囲気があることです。
また、院内保育所や産休育休制度、短時間勤務制度等の福利厚生が充実していることも魅力です。女性にとって働きやすい環境だと思います。

人材開発室 主任 S.Tさん
鹿児島県立短期大学/ 2016年中途入職

後輩指導をする上で大切にしていることや気をつけていることがあったら教えてください。

指導する側(先輩)とされる側(後輩)という立場であっても、「人」と「人」であることには変わりありませんので、根底にあるコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築くことを何よりも大切にしています。また、早いうちから自分で考える力を身に付けさせるためにも、介入しすぎることがないよう気をつけています。

仕事の中で「楽しい」と感じることを教えてください。

「採用」の仕事は求職者の人生の転換期に関わるため、責任も重大ですが、自分の働きによりご縁に繋がった時は嬉しい気持ちでいっぱいになります。
また、入職してから新しい仕事に挑戦する機会も多くいただきました。無事仕事を終えられた時は達成感が大きく、この仕事をしてよかったと感じます。

広報課 M.Tさん
長崎外国語短期大学/ 2017年中途入職

これまでの経験が活かせていることを教えてください。

前職では、地元鹿児島の情報誌やフリーペーパーの発行に携わっていました。「良質で役立つ情報を拾い上げて読者に届ける」という意味においては、「病院・医療の適切な情報を患者様や地域の皆様にお届けする」という病院広報と通じるものがあり、前職での経験も活かせています。

入職後、初めて任された仕事について教えてください。

当院が定期的に発行する広報誌(院外向け・院内向け・医療機関向け)の制作を担当させてもらいました。制作の主な流れは心得ていましたが、病院広報においては、「医療広告ガイドライン」というルールのもと、表現や記述など注意しなければならないことが多いことを教わりました。

総務課 M.Hさん
鹿児島ホテル短期大学校/ 2014年中途入職

今までの仕事で嬉しかったこと、印象に残っていることはどんなことですか。

他の医療機関やさまざまな団体の施設見学の対応をする際、病院の施設設備だけでなく職員の態度を高く評価していただけることが多いです。
「職員同士の挨拶も徹底されていますね」などお褒めの言葉をいただけると、とても嬉しいです。
私自身、入職したばかりの頃挨拶がよく飛び交う職場だと感じていました。

仕事と子育てをどのように両立していますか。

仕事も子育ても一人で抱え込まずに頼れるところは頼るようにしています。
子どもの都合で急なお休みをいただくこともあるため、情報共有を徹底し、書類も誰が見ても分かるよう整理して保管するようにしています。

部署の雰囲気を教えてください。

幅広い業務を請け負う総務課では一人ひとりの業務もさまざまですが、全員の業務内容を共有することで声かけをしやすい環境になっています。
プライベートでも、家族同伴でバーベキューをしたりお花見をしたり、イベント好きな人が集まっています。

更新:2021年2月