CROSSTALK CROSSTALK
配属部署の異なる若手スタッフの座談会。
1年目の自分と比べて成長したことや、後輩指導のこと。
新卒で入職し、経営を担う事務スタッフとして働くなかでの
自分自身の変化や胸のうちをざっくばらんにお話しします。

参加者プロフィール

【ページ上部写真左】
人事課:M.Tさん(鹿児島大学卒業)
【ページ上部写真中央】
人材開発室:N.Sさん(熊本県立大学卒業)
【ページ上部写真右】
経営企画室:M.Sさん(鹿児島キャリアデザイン専門学校卒業)

1年目の時と比べて成長したと感じるところ
N.S(ページ上部写真中央/人材開発室所属):

1年目は、日々の業務をこなすことや先輩についていくことで精一杯だったけれど、後輩ができ、自分が教える立場になったことで、より1つ1つの業務の意味や根拠を考えるようになりました。間違えたことを教えたり、曖昧な回答をしたりしないようにと責任感が出てきたことに自身の成長を感じています。

M.S(ページ上部写真右/経営企画室所属):

確かに!後輩ができることで、これまで先輩方から教わってきたことを今度は自分が教える番だ!と意識しますよね。M.Tさんは部署異動を経験されているので大変なこともあったと思いますが、どのようなことに成長を感じていますか?

M.T(ページ上部写真左/人事課所属):

私は人材開発室での経験を経て、入職2年目に人事課へ異動となりました。新しいことを覚えることは大変だったけれど、一通り採用から退職に至るまでの人材管理に携わることができたことは自分にとって良い経験だと思います。また、採用や人事、労務に関するさまざまな知識を得ることができたため、今では自分の知識でスタッフからの質問に答えられるようになったことに成長を感じています。

CROSSTALK
N.S:

なるほど。部署異動することで自分たちの職場についてより詳しくなったり、今までとは違った目線で物事を考える力を身につけることができたりと、他にもメリットがたくさんありそうですね。M.Sさんはどうですか?

M.S:

教わる立場から教える立場へと変わったことで、「後輩が働きやすい環境づくりに力を注いでいきたい」と思うようになったことです。
例えば、教えて欲しいことがあっても先輩が忙しそうにしている様子を見て、声をかけづらいと思った経験ってありませんか?後輩が疑問に感じたことや分からないことを気軽に質問できるような環境を今よりもっとつくることができたら、仕事の効率も成長スピードも上がると思います。

CROSSTALK
M.T:

確かに!忙しそうな様子を見て質問するタイミングを逃すことって、どこの職場でもきっとありますよね。そう考えると人を育てる環境ってとても大切。私も意識していきたいな。

M.S:

ありがとうございます。「働きやすい環境=楽しい職場」だと思うので、忙しくても楽しく働ける職場を目指したいです。

後輩指導で気をつけていること
N.S:

学生時代の友人から「入職後、先輩方からのフォローをあまり受けることができずにとても苦労した」という話を聞きました。私は一人で業務を行えるようになるまで先輩が1対1で丁寧に仕事を教えてくださったので、恵まれた環境に感謝しています。そんな環境で育ったからこそ、私もしっかり後輩をフォローできる人でいられるよう心がけています。

M.S:

友人の話を聞くと、自分の環境がどれだけ恵まれているのか?と改めて実感させられますよね。いつか後輩が今のN.Sさんのように「恵まれた環境だった」と思い、また次の後輩へと引き継いでいってくれたら嬉しいですね。M.Tさんは何か気をつけていることはありますか?

CROSSTALK
M.T:

当法人は中途採用も行っているので、「後輩」が、「自分よりも年上」ということも珍しくありません。最初はどう接して良いのか戸惑うこともありましたが、まずは自分が教わってきたことをしっかり伝えることで、なるべく早く仕事を覚えてもらえるよう心がけています。

N.S:

誰かに何かを教えるということは、教わる側はもちろん、教える側も成長できる良い機会だと思います。年齢を変に意識してしまうとお互いの成長の妨げになりますよね。

M.T:

そうだね。一人ひとりのスキルアップが、部署全体のレベルアップに直結すると思うので、これからもみんなで協力し合い、助け合いながらたくさんの知識と経験を培っていきたいと思っています。

CROSSTALK
M.S:

入職して3~4年目の私たちは、まだまだ教わることもたくさんあるけれど、後輩のフォローもしっかり行いながら一歩一歩前に進んでいきましょう。

更新:2020年9月