CROSSTALK CROSSTALK
さまざまな経歴を持つ中途入職者の座談会。
医療業界に飛び込んだきっかけや
前職を経験したからこそ感じる当法人の魅力や働きがいなど、
中途入職者ならではの視点からお話しします。

参加者プロフィール

【写真左】
総務課 主任:H.Kさん(鹿児島大学卒業)
【写真中央】
財務経理課 課長補佐:M.Sさん(早稲田大学卒業)
【写真右】
人事課:Y.Tさん(関西大学卒業)

米盛病院を選んだきっかけ
H.K(写真左/総務課所属):

私の前職は銀行員でした。県内で働くことを強く希望していましたが、経営統合など目まぐるしい変化のなか、転勤のエリアが広がっていくことが予測されたので、しっかり腰を据えて働ける環境で働きたいと思い転職を決意しました。以前の仕事でも医療機関を訪問する機会が多く、医療現場に興味を持っていましたし、学生時代から与次郎という地には縁を感じていたので入職しました。

Y.T(写真右/人事課所属):

確かに、銀行員は定期的に転勤があるので大変ですよね。H.Kさんは鹿児島出身なので地元で働くことを一番に考えられていたんですね。
M.Sさんもいろいろな経験をされてきたと聞いていますが、どのようなお仕事をされてきたんですか?

M.S(写真中央/財務経理課所属):

私はゲーム会社・IT関係のベンチャー企業・観光交通系の商社など、さまざまな仕事を経験してきました。前職で7年間経理の管理職をしていたこともあり、その経験を活かして働いてみようと思い入職しました。

CROSSTALK
H.K:

ゲーム会社に商社まで!本当にいろいろな経験をされてきたんですね。これまでの経験を今に活かせているのは理想的ですね。
Y.Tさんは確かIターンでしたよね?

Y.T:

はい。前職では営業を経験したあと、管理職の仕事をしていました。出身は富山県、就職先も東京だったので鹿児島には全くルーツはなかったのですが、縁あって鹿児島に来ることになったので、せっかくなら地域に根付いた企業で働きたいと思い入職しました。

CROSSTALK
M.S:

なるほど。Iターン者だからこそ、その地に根付いた企業を選ぶという選択は、地域に溶け込む一番の近道ですね!

医療業界未経験でもできる仕事なの?
H.K:

当法人にはさまざまな部署があるので、医療業界未経験でもこれまで培った経験を多くの場面で活かすことができます。新入職員へのサポート体制も充実していますし、私たち事務方が集まる3階フロアは、多部署との距離も近く、相談しやすい恵まれた環境です。

CROSSTALK
Y.T:

確かにそうですね。部署が違っても私たち3人は毎日のように顔を合わせていますし、時には協力し合って仕事をすることもあるので同じフロアにみんな集まっているのは良い環境ですよね。

M.S:

「一生懸命」をきちんと評価してくれる法人なので、これまで医療業界に携わっていなくても心配はいりません。実際に、社歴が短くても大きな仕事を任され活躍している仲間がたくさんいます。他部署と協力し合いながら仕事をするので、必ずいい仲間に出会えると思いますよ。

H.K:

私も医療業界とはかけ離れた業界で仕事をしていましたが、自分のスキルを発揮できる場面が多くありますし、大きな仕事も任せていただいています。これは自分自身への自信にもつながりますね。

CROSSTALK
Y.T:

医療業界ならではの覚えることはたくさんありますが、やっているうちに慣れてくるので怖がることはありません。H.Kさんの言うように今までの経験を活かしてできる仕事は必ずあるので、医療業界未経験でも意欲がある人にはとても楽しい職場だと思います。

M.S:

そうですね。覚えることも多いけれど、刺激もあって楽しい職場だと私も思っています。

今の職場で役立っている前職の○○
H.K:

13年間銀行に勤めていましたが、本部で担当していた規程の整備・管理業務などの経験が、現在の法人内規程の見直しに活かせています。

CROSSTALK
Y.T:

そうですね!これまでの経験を活かして、別の視点から客観的に見ることができるのは強みですね。

M.S:

私が以前勤めていた職場は、ルールが厳密に決められていて原理原則を重視していました。当法人は、急成長しているからこそルールの整備が追いついていないところもあります。新しいことに挑戦するスタッフも多いため、前職での経験を活かし、ルール面でのフォローを積極的に行っています。

H.K:

確かに積極的に挑戦するスタッフが多いですよね。勢いよく走り続けることも大切ですが、その中にもルールは必ず必要なのでM.Sさんの役割は重要だと思います。M.Sさんのように整備してくれる人がいるからこそ安心してさまざまなことに挑戦できるのではないでしょうか。

CROSSTALK
Y.T:

私は人事課に所属していますが、人事課だけで完結できる仕事はごくわずかです。総務課・経理課など、他部署の人たちと協力しながら進めていかなければならない仕事がほとんどなので、誰に話を聞くべきか、この案件を扱う部署はどこなのか、など事前に根回しをしながら効率よく進めていくことができるのは、これまでの営業・管理職という仕事を通して得た経験のおかげだと思っています。

M.S:

そうですよね。効率よく進められるように根回しするのは誰にでもできることではないですし、以前の職場で培った経験が今に役立っているんですね。部署は違うけれど私たち3人は一緒に仕事する機会も多いので、これからも協力し合ってより良い環境づくりに努めていきましょう!

更新:2020年9月