DOCTOR

医師

診療体制-心臓血管外科

地域で心臓血管外科を盛り上げていきたい医師を求めています

米盛病院は鹿児島市の中央に位置する一般病床506床(うちICU10床、HCU16床、回復期200床)の民間病院です。
心臓血管外科は、循環器内科や救急科と連携しながら心臓血管外科関連の患者を受け入れています。手術治療に固執するのではなく、カテーテル治療などを含めた治療法を患者・家族に提案し、選択いただくことを大切にしています。
当院では、重症心不全を含めた心臓血管関連入院の際には、内科的および外科的加療に加え、理学療法士による早期リハビリで一日も早い快復退院を目標としています。『鹿児島で心臓血管外科治療を受けられて良かった』と思っていただけるよう、患者様お一人おひとりに適した質の高い治療・手術および入院生活の支援にチームとして努めています。 今後も患者の増加が見込まれる心臓血管外科において増員を図りたく、一般外来から手術まで、幅広くご活躍いただける医師、スキルを最大限発揮したい医師を求めています。

topic《 米盛病院ハートチーム 》

近年、様々な病院で普及しつつある“ハートチーム”による集学的治療を当院でも2017年より導入しました。
心臓血管外科 、循環器内科の医師をはじめ、看護師、理学療法士などのコ・メディカル、事務員も含めた多職種で構成。患者の病態を共有するだけでなく、生活環境にも着目し、患者・家族にとってより良い検査・治療を提供できるようにチーム全体で様々な角度から見守り、アプローチを行っています。

診療内容のご紹介

心臓弁膜症、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、急性大動脈解離や胸部・腹部大動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤など心臓血管関連の疾患に対応しています。
特に心臓弁膜症の一つである僧帽弁閉鎖不全症については、低侵襲心臓手術による弁形成術を行っています。また、重症大動脈弁狭窄症や大動脈弁閉鎖不全症などの大動脈弁疾患については、患者様の自己心膜を用いた大動脈弁再建術にも取り組んでいます。また、当院は多くの救急病院がいわゆる振り分けを行うER型を採用している中、欧州独立型として運営しています。そのため、救急科医師と初期治療から協働する機会も多くあります。

※ 当院は民間医療用ヘリやドクターカーを導入しており、機動力をいかしたプレホスピタルを展開しています。

医師のチャレンジを応援する風土

当院には「こういう医療をしたい」、「あの機器を使って手術をしたい」という目標を持ってご入職される先生方が多くいらっしゃいます。前例に囚われず、先生方のやりたい医療をできる限り叶えられるよう、理事長による医師個人面談を年2回実施しています。また、医師が診療により専念できるよう医師事務作業補助者を積極的に雇用している他、学会発表をサポートするためのデータ統計専門のスタッフも配置しています。

外来 ・病棟管理 ・手術など、求めるものは先生方により様々だと思います。ご希望される働き方を伺い、専門やご経験等を考慮しながら、より良い職場環境となるよう調整いたします。 なお、入職前のご見学や理事長との面談に関する旅費についても、先生方の思いをお伺いしたいという意向からご相談に応じております。 お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

勤務要項

勤務日数週5日
勤務時間8:30~17:30(休憩時間60分)
年収経験・能力等に応じて決定いたします
諸手当日当直手当
休暇年次有給休暇(就任半年後に10日付与)
リフレッシュ休暇(年1回1週間程度の連続休暇を有給休暇利用で取得可能)
年末年始休暇5日(12/30~1/3)
外来半日外来を週2日程度
手術月15~20件程度
当直月5回程度(平日4回+土日祝1回) ※回数変更調整可
オンコールあり
所属医師2名(40~50歳代)※2020年7月現在

専門医・指導医

  • 心臓血管外科専門医認定機構修練指導医 1名
  • 日本外科学会外科指導医 1名
  • 下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医 1名
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施医 1名 他

認定・指定

  • 心臓血管外科専門医認定機構認定修練関連施設
  • 日本外科学会外科専門医制度関連施設 他

主な設備

  • ハイブリッドER
  • ハイブリッドOR
  • 血管撮影室
  • MRI(3T)
  • CT(128列)
  • RI
  • 一般撮影
  • 一般撮影(透視)
  • ヘリポート
  • 民間医療用ヘリ
  • ドクターカー
  • DMATカー
  • ディスパッチルーム
  • ICU
  • HCU 他

その他

医局ラウンジ、職員食堂、院内保育施設、コンビニ(ATM有)、カフェ(職員割ランチ有)、車通勤可(屋根付き職員駐車場有) 他

( 掲載情報は2020年7月現在の内容です )

資料請求・施設見学資料請求・施設見学