看護クラーク(病棟事務)
K.Hさん
麻生医療福祉専門学校 2018年中途入職

プロフィール

専門学校卒業後、眼科専門の病院に入職し、病棟クラーク兼医師事務作業補助者として勤務。2018年に社会医療法人緑泉会に入職。入職後は、看護クラークとして病棟師長の補佐やその他事務業務に従事。

信頼されるクラークに

以前勤めていた病院では医師の指示の下、検査オーダーや処方箋の作成補助を行う病棟クラークの仕事をしていました。今はその経験を活かし、看護師長や看護師の補佐をする看護クラークとして病棟における診療業務の補助・事務業務・物品管理などを行っています。頼まれた仕事は迅速・丁寧・正確に行うことを心がけ、スタッフや患者様に信頼される看護クラークになれるよう日々努力を続けています。

CROSSTALK
依頼されたことは期待の倍で応えたい

私たち看護クラークにとって、看護師とのコミュニケーションはとても重要です。積極的に話しかけたり自ら仕事を引き受けたりすることで、信頼関係が築けるのではないかと思います。ミスを防ぎ円滑に仕事が進められるよう、業務整理やマニュアル作成を行うなど小さな努力を重ねながら、依頼された仕事に期待以上の成果で応えることができる看護クラークでありたいです。

CROSSTALK
あなたにとって、ここ(米盛病院)はどんな職場/環境ですか?

入職当初は不安もありましたが、忙しいなかでも皆丁寧に教えてくれるので、安心して働けています。特に、看護クラークは看護師長との関わりが深いので、多くのことを学ぶことができます。わからないことや疑問に感じたことも質問がしやすく、恵まれた環境です。今後も、この恵まれた環境のなかで看護クラークとしてのスキルを身に付けていきます。

TIMETABLEある日のスケジュール

8:30
朝礼
8:45
入院カルテ確認・整理
11:00
勤務表入力
12:00
休憩
13:00
検査カードの準備
14:00
退院決定患者のカルテ確認・整理
15:00
入院予定患者の書類準備
16:00
物品補充・資料整理
17:20
終礼
17:30
業務終了
更新:2020年9月